スタディサプリENGLISH 講師

【注目】スタディサプリENGLISHの豪華すぎる7人の講師

英語を学びたいと思ったとき、どんな講師がいるのかが気になる人も多いはず。

 

「優しそうな先生がいいな」「実践的な英語を分かりやすく教えてくれる講師がいい」「楽しい雰囲気で英語を教えてくれる先生だったらうれしい」「外国人講師からネイティブな英語を覚えたい」などなど、英語を勉強するうえでも人によって求めるものには違いがあります。

 

スタディサプリENGLISHには外国人講師がおり、日本人講師でも海外留学経験者や英語教授法のスキルを持っている先生が在籍しています。なかには有名予備校で講師を務めた経験を持つ人も。さっそくご紹介してきましょう。

 

※最新情報

 

今なら、1週間無料体験キャンペーン中!

 

>>スタディサプリENGLISHのキャンペーンを見てみる!

 

 

辰巳 友昭先生

 

辰巳友昭先生

上智大学を卒業後、アメリカのジョージタウン大学大学院・言語学部に入学し、英語教授法を専攻して修士号を取得した実力のある先生です。

 

その優秀さから大学に残ることを熱望されたのですが、あくまでも現場にこだわり、英語を教える道を選びました。現在は桐朋中学高等学校の英語教諭として学校の教育に携わり活躍しています。

 

辰巳先生の英語は『楽しくてわかりやすい』と評判で、英語に慣れていない初心者の方からも人気です。実践だけではなく英語の表現力も大切にしていて、「出来ることを増やす」に重きを置いています。

 

『英語はただのコミュニケーションの道具ではなく、言葉の壁を越えて一緒に何かを成し遂げるためのもの』だという考えを持つ辰巳先生の授業は、あなたの持つさまざまな可能性を引き出してくれます。

 

横川 綾子先生

 

横川綾子先生

テンプル大学院を卒業し、英語能力測定テストであるTOELFを開発したETS(教育専門家、研究者、アセスメント開発者で構成されるチーム)が公認した、日本で数少ないトレーナーの一人。

 

現在は東京海洋大学の英語教師として活躍中で、生徒の中にはTOEICの点数が300点も上がった人がいます。

 

『Better late than never(遅れてもやらないよりはまし)』という言葉を大切にし、何歳であっても英語に興味を持ってチャレンジしている人を支えたいという強い気持ちを持ち続けている先生です。

 

「英語はこどものうちに」「大人になってからでは遅い」という概念を打ち破ってくれる力と実力を兼ね備えています。その人の行きたい道へと進めるように導き、『教えるのではなく感動を共有したい』をモットーに先生になった今でも日々学びを続けている探求心あふれる講師です。

 

ニック・ウィリアムソン先生

 

ニックウィリアムソン先生

東京都の麻布十番にある英会話スクール『イングリッシュライフ』の代表であり、英語講師を17年間務めた確かなキャリアの持ち主。

 

シドニー大学で神経心理学を専攻し、日本文学についても3年間勉強しているので、日本の文化にも理解があります。

 

テレビ番組の司会やラジオのDJなどの経験もあり、これまでに執筆した英語テキストは累計10万部のベストセラーを記録しています。

 

そのほかにも、多くの雑誌のコラムを担当しているので、教える・伝える技術は折り紙付きだといえるでしょう。『考えすぎず、シンプルに』をモットーに、フィーリングを大切にしながら分かりやすく英語を教えてくれます。

 

ネイティブな英語を真似て応用することで、本当の英語を知ることができますよ。

 

また、物腰の柔らかい話し方なので、リラックスしながら落ち着いた気持ちで授業を受けることができるので、ネイティブな英語に触れたいけれど外国人講師だと緊張するという方におすすめです。

 

イムラン・スィディキ先生

 

イムランスィディキ先生

上智大学の大学院を卒業し、一流外資系企業であるプライスウォーターハウスクーパースに入社し勤務しながら全国16万人もの登録者を誇るコペル英会話を麻布十番に開校。

 

これまでに生徒やメルマガ会員を合わせて延べ10万人以上に英語を指導した実績を持つ人気講師です。

 

それまで英語に対して苦手意識を持っていた生徒が「ある日突然英語がわかるようになった」ということが多く、授業中に笑いが出ることも。

 

「とにかくシンプルに」「口にする」という考えを基盤にして、立ちはだかる英語の壁を取り払ってくれる力を持っています。

 

イムラン先生は「英語は簡単だ」と言い切ります。「自分は日本人だからそうじゃないんだ」と思うかもしれませんが、ぜひ一度授業を受けてみてください。英語が楽しくなる瞬間を味わうことができますよ。

 

横山 カズ先生

 

横山カズ先生

国際会議や記者会見等で同時通訳を行うほどの実力を持ち、JALや大手自動車会社、電機メーカーなど名だたる企業の重役会議においても同時通訳を歴任するなど、誰もが認める英語力を持った講師です。

 

東進ハイスクールで短期集中合宿特別講師としても活躍した経験があり、独自の指導法で前例にない大きな実績を収めています。

 

留学経験はないのですが独学で英語を学び、外国人向けナイトクラブでボディーガードとして働きながら、生きた英語を学んだ異色の経歴の持ち主です。

 

『無意識に英語が出てくるまで反復練習を行う』ことが英語で最も重要だという理念に基づいて英語を熱心に教えており、予備校の生徒からも厚い支持を受けています。

 

この方法で英語をマスターし、医療や環境、IT、政治など、さまざまなシーンにおいて会話の橋渡しをしている実力者からの指導に、きっとあなたの底力が刺激されること請け合いです。

 


 

水野 稚先生

 

水野稚先生

東京大学大学院で英語教育政策を研究しながら、在籍中にオックスフォード大学に留学して応用言語学や第二言語習得論の修士号を取得した才女。

 

慶応大学や上智大学、さらにHONDAやNEC、日立などの一流企業で英語講師として活躍し、現在では東京・白銀台でMELS英語学校を主宰しています。

 

ただ英語を教えるだけではなく「世界と渡り合える日本人の育成」を念頭に置いているので、国際教養や論理的思考法も学ぶこともできます。

 

世界の一流の人たちと渡り合うためには、コミュニケーション能力だけでなくマナーを知って教養を高めることも必要です。

 

言語だけでなく、内面的な部分でもレベルアップできるのが水野先生の授業だと言えるでしょう。『実践的な英語そして文化も学んでほしい』という熱い思いに溢れた指導に、あなたの世界も広がっていくこと間違いなしです。

 

愛場 吉子先生

 

愛場吉子先生

筑波大学(国際関係学)を卒業後、アメリカのコロンビア大学に入学し大学院で英語教授法の修士課程を修了。

 

卒業後には世界的ファッションブランドであるCalvin Kleinニューヨーク本社にて勤務し、帰国後はビジネス英語研修会社Q-Leapを共同設立して、ビジネスに適した英語を指導しています。

 

自身のビジネス経験や英語教授のスキルを最大限に活かし、実用的で美しい英語を身に着けることができます。

 

『英語でのコミュニケーション力が人生の選択肢や可能性を広げる』という考えを持ちながら教えているので、現場で使える英語だけでなくプレゼン等で知っておくと良いポイントも学ぶことができますよ。

 

『世界で輝く日本代表を育てたい』という思いを持った愛場先生の英語は、気後れしてしまいそうな国際的な会議の場でも大きな武器になるはずです。

 


 

まとめ

 

さまざまな知識を習得し、実績や経験を積んだ講師陣をご紹介しました。あなたが求める英語は何ですか?

 

留学先でコミュニケーションをスムーズに取るための英語を習得したいという方もいれば、国際社会で仕事を成功させるための英語を学びたいと考えている方もいるでしょう。

 

スタディサプリENGLISHなら、あなたの希望に叶った講師が必ず見つかります。言語の壁を越えて広い世界をぜひ体感してください。

 

スタディサプリの無料体験